小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

すいか日記

母とアルバム

私がまだ実家に住んでいたころ、「命をのぞいて、あらゆるものの中で一番失ったら悲しいのは写真だと思う」というようなことを、母がよく言っていました。 当時は、「まあそうかもね」と聞いていたのですが、あれから十数年、胸の痛むたくさんの災害のニュー…

マリメッコとシャインマスカット

寝ないなあ…ほんと…相変わらず… 毎日、寝かしつけに1時間以上かかります。 特に長女…。 なんで眠いはずなのに、眠いことをかたくなに認めないんだろう。 めちゃくちゃ頑張って起きています。しゃべり続ける。 次女は、つられて起きている感じ。 子供たち、前…

リトルトゥース予備軍

// リトルトゥースです。 オードリーのオールナイトニッポンは、ここ6〜7年、毎週聞いている唯一のラジオです。 オードリーのどちらかのことがニュースになった週は、土曜が楽しみで仕方がない。 大好きな漫画をゆっくり読めていないこの3年間にいたっては、…

夫の呼び方

// 夫を三人称で呼ぶ時の話です。 初めに断っておきますが、人が配偶者のことを何と呼ぼうと、何も思いませんし、否定もしません。好きに呼んでいいと思います。 あくまで自分の話として描きました。 結構人それぞれだなあ~と思います。 「主人」派、「旦那…

過去の自分に 引っ越し④

// 噂には聞いていた通り、子連れ引っ越し、なかなかハードでした。 まず、荷物の量が尋常じゃない。 プラス数万払えば、荷詰めも荷ほどきも引っ越し業者がやってくれるのだけど、もったいなくてケチってしまいました。金銭的なことだけでなく、増えに増えた…

風邪の引き時 引っ越し③

// 大事な時に熱を出しがちな娘たち。 旅行の前。帰省中。夫がいない時。あるあるすぎて、驚かない。 むしろ、友人の結婚式に万全の体調で出席できたことの方が、奇跡なのかもしれない。 引っ越しまであと3週間に迫った時、幼稚園の行事や週末の外せない予…

電動自転車を買う 引っ越し②

// 「サドルをしっかり持って」 「あっ、片手はハンドル持って」 「ふんって!」 おも… 引っ越し先では、電動自転車生活を検討しています。 次女が1歳間近なことと、自転車生活の方が便利な環境であることと、そして増税前(現在9月末)と、とにかく買い時で…

次女の長袖がない!!

// 涼しくなってきたので、次女の長袖を出そうとたんすをあけて、衝撃をうけました。 80サイズの長女のお古の、汚いこと!! きれい目な服を残してあったはずなのに。 がんこなミルク汚れを、念入りに染み抜きしてしまったはずなのに。 それに、「どうしてこ…

アホ毛まつり

// 抜け毛がやばいです。 産後2か月過ぎから始まって、ずーっと絶え間なく、落ち着くことなく。 そしてさらに、季節の変わり目を迎え、なんならコロコロの回数が増えています。 ピークまだだったんか!と驚きです。 長女の時もすごかったけど、ここまでだっ…

美容室へ行こう。写真日記

・長女3歳8か月の絵「おかあさん」 // 長女が私に絵を描いてくれました。 これ誰?というと、「おかあさん!」と。 ありがとう、と喜ぶと、あのね、と説明が始まりました。 「これ、髪の毛ぐるぐるってなってるやろ?おかあさんもな、ここ(私の前髪の生え際…

写真日記

・子供たちのiPhone。 // 片付けの際にふと見つけた、アップル製品についてくるステッカー。 長女にあげると大喜びでした。 シール帳に貼ってもいいけど、これに貼ったらお母さんとお揃いのスマホになるんちゃう?、というと、しょうするー!!!と目がキラ…

遺伝

// 「遺伝子的・本能的に、正反対の人を好きになる」ということが本当ならば、私は超小顔の人ばかりを好きにならなければおかしいのに、いいなと思う異性は、小さなころから、頭の大きな人ばっかりです。 なんなら、フェチ(そんなつもりもないけど)なのか…

姉妹とお揃いの、シルバニアの洋服 ハンドメイドワンピース

// リボン生地のワンピースを作った時のはぎれで、マシュマロネズミの親子にも洋服を作りました。 シルバニアの小物を手作りするって!!なんか、、なんか、、裁縫に苦手意識しかなかった自分がこんなんするんやなあ…と言う不思議な感じ。 このワンピース、…

ハンドメイドの人形用抱っこ紐 ドールキャリー

これは歴代ミシンで作ったものの中で、一番気に入っているかもしれない…。 ぬいぐるみ用の抱っこ紐です。作りました日記です。 // 裏側はこんな感じです↓↓ 作るきっかけは、長女が最近、毎晩、ぬいぐるみを抱っこで寝かしつけているので(かわいい)、ドール…

子育て妖怪ファイル1~5(前ブログ再掲)

描きたい妖怪いっぱいいるけど、後回しになってます。 1~5まとめです。 // 長女がジュニアシートへ移って以降、なりを潜めていたけど、最近次女のチャイルドシートに戻ってきた。絶対住んでる…。ほんまに、なんであんなにねじれるん??うちだけ?? 次女、…

長女とそごう(前ブログより再掲)

高校の同級生のキュウソネコカミのドラム、ソゴウの話です。 これはまじで、「芸能人と知り合いなんだぞ」という最低の下心100%で、再掲します。 ---- 長女が生まれてすぐのこと // 長女が生まれたとき、この子はなんと人を招く子なのだろうと驚いた。 ただ…

クレしんでよくあるやーつ。

// どーでもいいことなんですが、「クレしんでよくあるシチュエーション!!」に嬉しくなった瞬間でした。 定期的に入れ替わりの回があるクレヨンしんちゃん。しんちゃんとみさえが入れ替わったり、しんちゃんと風間君と入れ替わったり、シロやひろしも加わ…

お父さん子計画、経過報告

// あれあ…?順調にお父さんっ子になっていると思っていたのに…。 最近、「お母さんと!!」ばっかりです。「お母さんと寝る!」「お母さんとお風呂!!」「お母さん!」 育休直後、あんなに懐かれていたのに。あ、あ、あれ…? 私のせいなのかもしれないです…

3歳児に負ける

// ダイソーのサングラスをかけたご陽気な3歳児に負ける母です。 長女みたいに、どんなときも赤ちゃんの泣き声に寛容でいたいなあ…。 忙しい時や疲れている時、結構ボリュームもでてきた次女の泣き声が、焦る気持ちに拍車をかけます。 「ちょっと待って」を…

お風呂でおすすめのおもちゃ(ダイソー400円商品)

// 「折りたたみのウォータージャグがお風呂のおもちゃにいい」とツイッターで見かけて、ダイソーに走りました。 ポリタンクの折りたたみウォータージャグ。400円商品です。アウトドアのコーナーにありました。 これもっと早く知りたかった~…!!2歳の1年間…

産後半年経って

// 昨日、陣痛の痛みを忘れていることに気が付きました。 忘れるな~…めっちゃくちゃ痛かったはずなのに…。 次女の陣痛の間隔が狭まってきた時に思ったのが、 「ッア~!!!!そうやった~!!!こんなんやった~!!!二度とごめんって思ったんやった~!…

リボン生地のワンピース

ミシン日記です。 生地が届いた瞬間から分かってはいたのですが、かなりガーリーな仕上がりに。 一人で作りました。作れました。だいぶ分かる。バイアステープもいける。 おとなしめな生地を選んだつもりが、ガチャガチャしてます。 生地を選ぶのって難しい…

魔女の宅急便キキのリボンヘアバンド

// ヘアバンドやリボンの作り方をブログやyoutubeで調べて作りました。 110×60センチで300円の安い布(これだけあれば5~6個作れる)と、ダイソーのゴム紐と、ダイソーのキルト芯を利用。 作り方を載せようかなと思ったのですが、いろんな人のを適当に参考に…

夫のおいしい山形Tシャツについて

(いらない情報ピラミッドの頂点であることは自覚しています) 夫が3日に一度(夫の主張に沿って念のため3と書きましたが私の体感は隔日です。)はおいしい山形Tシャツを着ているので、私は日々、「山形って美味しいんだろうなぁ〜」と思いながら生活しています…

夫育休物語⑧ 最終回

// 夫育休物語、最終回です。 夫の育休期間の1か月、改めて、貴重な時間だったなあ、と思います。 欧米の、毎年1か月を超えるバカンスなんて、日本から見ると、宇宙の話に感じていたけれど、夫の育休を経て、ワークライフバランスや、そのための休暇の必要…

夫育休物語⑦ 夫の変化

// あんたはえなりかずきか、というくらい、「だってしょうがないやん。」を繰り返していた夫。寝かしつけができないことも、トイレに連れていけないことも、夜起きられないことも、泣き止ませられないことも、全部、口を開けば「仕方ない」。伝家の宝刀。 …

夫育休物語⑥

// 長女の時、産後頭がポンコツになって、家事に時間がかかるようになりました。 順序だてて効率よくできない。洗濯物をたたむことすら時間がかかる。赤子の泣き声が、焦る気持ちに拍車をかける。 実は、これはよくあることで、出産によって脳が4~8%も委縮…

夫育休物語⑤  風疹の抗体検査のこと

// 夫育休日記を書きたかった理由の一つが、この、風疹の抗体検査のエピソードです。 今日は夫の育休の話からは逸れるのですが、どうか、先天性風疹症候群のことを詳しく知らない人は、ここから先も読んでほしいです。特に、男性、および、1979年~1987年生…

夫育休物語③

// ほんまにほんまに、里帰り出産を否定してはないんです。(どうか傷つく人がいませんように。)育休をとらない世の夫を責めてるわけでもないです。 むしろ、産前産後に長く帰って親に助けられた話を聞くと、実家や地元の居心地がいいんだなあ、と羨ましい…

夫育休物語②

// 前回の記事で、夫への感謝も伝えたけれど、母にも感謝しています。 母的には、里帰り出産のほうが楽な面が多かったと思うけど、夫婦で補いきれない部分をフットワーク軽くフォローしてくれて、ありがたかったです。 妊娠出産は「自分が大事にされてる」か…