小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

すいか日記

夫育休物語⑦ 夫の変化

// あんたはえなりかずきか、というくらい、「だってしょうがないやん。」を繰り返していた夫。寝かしつけができないことも、トイレに連れていけないことも、夜起きられないことも、泣き止ませられないことも、全部、口を開けば「仕方ない」。伝家の宝刀。 …

夫育休物語⑥

// 長女の時、産後頭がポンコツになって、家事に時間がかかるようになりました。 順序だてて効率よくできない。洗濯物をたたむことすら時間がかかる。赤子の泣き声が、焦る気持ちに拍車をかける。 実は、これはよくあることで、出産によって脳が4~8%も委縮…

夫育休物語⑤  風疹の抗体検査のこと

// 夫育休日記を書きたかった理由の一つが、この、風疹の抗体検査のエピソードです。 今日は夫の育休の話からは逸れるのですが、どうか、先天性風疹症候群のことを詳しく知らない人は、ここから先も読んでほしいです。特に、男性、および、1979年~1987年生…

夫育休物語③

// ほんまにほんまに、里帰り出産を否定してはないんです。(どうか傷つく人がいませんように。)育休をとらない世の夫を責めてるわけでもないです。 むしろ、産前産後に長く帰って親に助けられた話を聞くと、実家や地元の居心地がいいんだなあ、と羨ましい…

夫育休物語②

// 前回の記事で、夫への感謝も伝えたけれど、母にも感謝しています。 母的には、里帰り出産のほうが楽な面が多かったと思うけど、夫婦で補いきれない部分をフットワーク軽くフォローしてくれて、ありがたかったです。 妊娠出産は「自分が大事にされてる」か…

夫育休物語①

// 育休と言う名の、使ってなかった有給(有休?)消化の記録です。 お産はデリケートです。人それぞれいろんな考え方や事情があるので、これは夫の育休取得を勧めるものではないです。 里帰りをせずに夫の育休を選択した我が家の、ただの日記です。 あまり…

そっと運ぶ

赤ちゃんをケーキに例えることが適切かどうか、不快に思われる方がいたら申し訳ないのですが、新生児の長女を抱っこして階段を降りたときの気持ちは、ホールのケーキを運ぶ時の緊張感に似ていました。もちろんケーキの何万倍も、何億倍も、比べられないほど…

さよなら平成

// 4月30日、平成最後の日。 夕方たまたま家にいたので、17時から始まる退位礼正殿の儀の中継を見ることにしました。 それまでは、マスコミの盛り上がり方とは反対に、特に何も思わず過ごしていたのに、急に感慨深くなって、「お母さんね、どうしても見たい…

忘れ物チェック

// 忘れ物がない人に憧れます。 4月だからか園の提出物が多くて、すでに必死です。まだ産後の範囲だからなのか、もともとの性質なのか、園からのプリントを読んで理解するのに時間がかかります。提出物を記入、準備するのにも手間取って、ダメ押しにそれを…