小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

もしかしてきみたち…

f:id:konatsusuika:20190425093037j:plain

 

前世や輪廻転生を信じているわけではないけれど、もしかして、前世で生き別れた恋人かなにかなん?と二人を見ていてよく思います。

長女の次女への愛が、強すぎる。大好きすぎる。

他の「赤ちゃん」へは関心がなく、ただただ、次女が好きらしい。メルちゃんぽぽちゃんに至っては、「要らん」の一言。次女のお世話だけをしたいらしい。

次女も、長女が幼稚園から帰ってきたら、私と二人でいるときよりもご機嫌になります。

 

私自身は、兄妹仲がそんなに良くないので(悪くもないけど)、長女が次女を心底可愛がる感じが、不思議でたまりません。

兄のことは好きだけど、それは「とりあえず幸せでいてくれればそれで」程度のの意味です。

兄弟姉妹を溺愛するって感覚が、備わっていない…。

 

私の母は、子供だった私に「兄弟は他人の始まり」と事あるごとに言っていて(そんなこと子供に言う?笑)、例えば小さいころに、兄の遊びについていきたくても「お兄ちゃんにはお兄ちゃんのコミュニティーがあるから邪魔したいかん」というような難しい説明をするのでした。

それはおそらく、第一子である母が、身をもって「甘え上手の妹である私」に伝えたかったことなんだと思います。

 

家族や血縁は下手をすると人生の足枷になるわけで。誰も傷つかずに家族仲がいいなら、それが一番なのかもしれないけれど、それ以上に、「家族を苦手である自由」とか、「家族のために自分を犠牲にしないこと」も、自立して生きていくためには、すごく大切です。

「家族は大切にするべき」や、「兄・姉だから」「弟・妹だから」「長男・次男だから」「男の子・女の子だから」というだけの我慢は、周りが、まして親が押し付けていいものではない。

あくまで、「兄弟は他人の始まり」と言われて育った私の思うところ、の話だけれど。

 

だから、もし長女が、次女が生まれてひどい焼きもちを焼いて、荒れて、不安定になったら、「妹を嫌いでいいんだよ。長女は長女だよ。」と伝えようと思っていました。伝えたところで、簡単にはいかないのだろうけど…。

姉になった以上、我慢を強いるときは少なからずあるだろうけど、「他人の始まり」を心に留めておこう、と。

 

からの、

ザ、蓋をあけたら。です。

 

逆のパターン、ぜんっぜん想定してなかったわ。

好きすぎる。愛しすぎている。

ちょ、次女悲鳴上げてる!やめたげて!お願い!!ヒー!

立って抱っこしたい?!待って無理無理!!ヒー!!

こんな子に、「姉妹は他人の始まり」なんて、言えないよ…。

 

今の私の願いは、次女が、同じくらい長女を好きになってくれること。

長女の愛を迷惑がらないでいてくれたら、私としてはすごくありがたいけど、それもまた次女の自由なので、どうか、仲良し姉妹になってあげて…と心で祈るのでした。