小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

トマトの水やり

f:id:konatsusuika:20190605110439j:plain

 

どの目線で言ってる??と思いました。

せめて、長女が年長さんで、年少さんを「こどもたち」と表現するならまだ納得ですが、3歳!!小さい組さんだよ!!めっちゃこども。いちばんこども。

 

参観日、先生が、「先日トマトを植えました。毎日、私が!、僕も!、ってみんなお水をあげてくれてます。」と教えてくれました。

もしかして、その、「私が!僕も!」に入ってないのかなあ。長女、周りに流されない傾向があるから、「こどもたちがお水とりあってあげてるわ~、は~元気元気」って感じで、加わらずに眺めているのかなあ。

そう思わせる口ぶりでした。「お友達」でなくて、「こどもたち」っていうあたり。

「まあ長女があげることもあるけどね」みたいな。

次女が生まれてから特に、時々自分を大人側に分けるのが、面白いです。

 

うちの観葉植物を指さして、

「お水ははっぱさんのご飯やから、ちゃんとあげなあかんのんやで。お母さん、ちゃんとお水あげてな。」

と教えてくれました。

 

じゃあ、長女も、こどもたちと一緒に、トマトにいっぱい水やりしてな。

赤いトマト、できるといいな。

できたトマトを見て喜ぶ長女が楽しみな私です。