小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

朝の月

f:id:konatsusuika:20190624213038j:plain

 

「お月さまがついてくる」「お月さまが見ててくれてるよ」と、小さい子によくいう表現を私も使うので、長女がそれに乗っかってきて、面白いです。別に100%純粋にそう思っているわけではなくて、おとぎ話の延長を、自分で作ってみるというか、アレンジするというか。結構リアリストな部分と、メルヘンな子供らしさと、3歳児ならではの発言です。

 

それにしても、バスを待つたった5分で、いろんなものを見つけます。

園バスの色が気になって出てきた白い月

ばーばんちに向かう飛行機

パン屋へ急ぐ遠くの鳥

その鳥が側溝に落としたヤマモモの実。

 

遠くのものや小さいものに焦点が合いやすいのか、私の方が知っていることは多いはずなのに、何にも気づけません。

ただの駐車場なのに、森の中にいるような長女。

バスを待つ5分ほどの時間が結構好きです。

 

入園から3か月経ちました。もう3か月。一瞬です。

この調子でいくと、あっという間に、幼稚園生活が終わるんだろうな…。

大事にしたいです。