小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

笑いがとまらない

f:id:konatsusuika:20190709112812j:plain

 

暑くなって、ますます二人連れでのおでかけがハードです。

「次女の注射が終わったら、お菓子を買おうね」と長女と約束していたのだけれど、いざ病院に行ったら混んでいるし、次女はぐずっているし、やっと終わったら車内は暑いし、とてもじゃないけど混んでいるスーパーに買い物に行く気力が残っていませんでした。どうしようと思っていたら、目に飛び込んできたスタバのドライブスルー。

…一択です。

「次女ちゃん泣いてるし、暑いし、お菓子じゃなくて、とびきり美味しい氷のジュースにせん?」と丸め込みました。

「まあ、おかしがいいけど、その氷の美味しいジュースでもいいけどな」

とめちゃくちゃ妥協してやる感満載で言われました。

フラペチーノ、駄菓子の何倍すると思ってるんだ…。

 

メニューにないショートサイズを2個頼み、「フラペチーノがとける~!いそげ~!」と家へ急ぎ、いつもにない機敏な動きで手洗いうがいを済ませ、ダイソンよろしくすごい勢いで吸っていました。

 

そして爆笑。

夢中で吸っては、

「これは!おいしすぎやな。」

もくもくとスプーンで食べては

「こりゃおいしすぎやわ~」

またしばらく吸っては

「こりゃあおいしすぎやでなあ~」

とゲラゲラ笑いながら何回も言っていました。

美味しすぎる、違いない…。

 

お金がもったいないと思って、幼稚園の預かり保育に預けずに、長女も病院へ連れて行ったのに、預かり保育料より高くついたフラペチーノ代。

美味しすぎたからいいけれど。

しかしショート2個にして良かった…。

トール一つを分けたなら、私1口しか飲めなかったな…。

すんごい吸引力でした。