小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

お箸の練習

f:id:konatsusuika:20190710230520j:plain

 

長女3歳6カ月。お箸の練習中です。

 

スプーンの3点持ちもできているし、かれこれ半年前から「大人のお箸」に興味をもっているのに、何をどう教えたらいいのか、いろいろネットで調べるもうまくいかず。

なかば諦めていたところ、友人にお勧めのお箸を教えてもらいました。

こちらです。

f:id:konatsusuika:20190710230537j:plain

f:id:konatsusuika:20190710230426j:plain

六角形のお箸です。


 

その友人の子供が通っている保育園で勧められたものだそうです。

その保育園では、早い子は2歳児クラスの時からこのお箸で食べてるんだとか!!

保育士さん、何をどうやって教えているんだろう、すごいなあ…。

 

この六角箸、形だけでなく、長さや重心も考えて作られているそう。

長女も購入サイトを参考に、手の大きさを測って、合ったものを買いました。

 

そしたらば!!あんなにどう教えても一個もなにもつかめなかったのに!!初めてさくっとつかめたのです。いや、最初できたのはだたの偶然なのかもしれないけれど、それ以降も、失敗しながらも徐々に徐々に上手くなっています。

 

つかめたらそのたびに「見てっ見てっみてみてみてっみてみてみてみてみてみてっ」って100回くらい言われる。

見てる、見てるよ、見てる、見てる!

楽しそうで何よりです。

 

7カ月くらい前にインスタで調べたお箸の教え方を参考に揃えていた、ダイソーの丸いカラフルなやつ(下写真の左下)と、でっかい消しゴムを切ったもの(右上)、お寿司消しゴム(左上)が、やっと日の目をみました。おでん(右下)は、なにかのおまけでもらったやつです。

f:id:konatsusuika:20190710230442j:plain

↑使っていた補助箸。今は、補助箸と六角箸を用意してご飯を食べています。半々くらいで六角箸でつかめています。この調子でいけば、あと1カ月もすれば、六角箸だけでもきれいに食べれるようになるんじゃないかなあ。(その後1週間足らずで、9割六角箸で食べられるようになりました。)

 

f:id:konatsusuika:20190710230459j:plain

「お店やってますか~」と私が言うと、「はいいらっしゃい!」(ヘイらっしゃいと言いたい)と、おでん屋の長女が答えます。リクエスト通り、お箸でとりわけて、最後にお弁当箱にいくつか詰めて次女へのお土産を持たせてくれます。かわいいです。

 

ちなみに持ち方を教えるのには、youtubeで「お箸 練習」で調べたら出てくる、「箸匠せいわ」(六角箸の会社でした!知らなかった…)さんの動画を参考にしました。変な箸の着ぐるみ(すみません)がでてくるやつです。

 

しっかしこの六角箸もさることながら、3歳前後の何人もの子達にお箸を習得させる保育士さんすごいなあ…(2回目)。