小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

次女の人見知り

f:id:konatsusuika:20190726212705j:plain

 

人見知りが始まった次女。

夏の帰省も、ありとあらゆる親戚に泣き叫んでいました。

先日も、出先で、見知らぬおばあさん二人に、可愛いねむちむちやねと太ももを触られて、「キエェェェェェ~~~!!!!!」と悲鳴をあげていました。慌てて退散するおばあさん二人。

そりゃ、知らない人に近づかれていきなり体触られたら、怖いのも当然なんやけどさ。

 

先日、私の母(大きいばーば)が孫に会いにやってきました。

明日いよいよばーばが来る、とはしゃいでしゃべり続けていた長女。

次女にあーだこーだと話しかけていました。

「次女ちゃんもばーば楽しみ?」

「長女は楽しみ」

「なんでばーば見たら泣くん?」

「ばーばは怖くないで」

「泣かんでいいで」

「お腹の中におったときに来てた人やで」

「お腹の中から見てたやろ」

よくもまあ、一方的にしゃべり続けて、会話成立させてる風にできるな…。

 

さて実際、ばーばを見た次女の反応はどうだったか。

前回は目が合うたびに泣いていましたが、今回は最初だけ少し訝し気に観察する感じ。やっと「身近な人」と認識できたようで、最後は大人しく抱かれていました。

 

その過程を見ていて、人見知りをするって、人を覚えるって…すごいなあ…と改めて思いました。

生まれてたった7カ月で…そんなことができるように…。

 

よく喋る長女と、人見知る次女です。