小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

次女突発性発疹①

f:id:konatsusuika:20190731200131j:plain

 

恐るべし、突発性発疹の後半…

長女は2度突発にかかったのですが(ウイルスの型?が違えば2度なるそうです)、1回目はそんなに不機嫌にもならず、あっさり治ったのですが、2回目よ…。

 

当時長女は1歳過ぎ。熱が下がらずいつもの風邪とどうも様子違うので、2カ所病院に行くも、どちらでも「ただの軽い風邪」と1分にも満たない診察で言われ、もやもや。

やっと熱が下がり始めたと安心した矢先、夜中に不機嫌の針が振り切れた状態になり、こちらの声も届かず返事もせずに泣き叫び続け、途方にくれました。

1度かかっていたから、私も突発を疑いもせず、原因が分からない状態で、お乳は飲まない、呼びかけに応じない、のけ反って抱っこもままならない、すごい音量で何時間も泣く、これはただごとではないと怖くなり、初めて#8000に電話しました。結局、ぐったりもしておらず熱も高くないなら朝を待つよう言われ、母子とも眠れないまま夜を過ごしました。

そしたら翌日の昼に発疹が。

呼びかけに応じないから、中耳炎かも、と連れて行った耳鼻科で、親切な先生が診断してくれたのでした。私が、「いつもの風邪と様子が違ってすごい不機嫌」というと、鼻やのどを見る前に、ちょっといい?と服をめくって、背中の小さな発疹を見つけてくれました。

「原因が分からず心配だったね。突発、発疹が出る前後ですっごい不機嫌になる赤ちゃんいっぱいいるから、大丈夫だよ。あと3日もすれば機嫌治るから、もうひと踏ん張りだよ。」と言われて、涙がこぼれたのでした。最初からこの先生が診てくれてたら、きっと、いつもと違うって話をちゃんと聞いてくれて、あんなに不安な夜を過ごすこともなかっただろうなあ。

どのみち治るのを待つしかなくても、診てくれたお医者さんによって、心持がこんなに違うんだなあ、と思いました。

 

その経験を周りに話すも、「うちはそんなに不機嫌にならなかったな~」が一定数。共感してくれたのは2人ほどでした。それこそ、ウイルスの型によるのかな。

 

だから、次女が今回初めての熱を出して突発だろうとなったとき、あの時の超絶不機嫌な長女が頭をよぎりつつ、「まあ、不機嫌にならないこともままあるようだし」と楽観していました。

 

ところがどっこい…

 

次女、君もか…。

 

続きます。