小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

長女結婚式に出る①

f:id:konatsusuika:20190924222258j:plain

 

近々、私の友人の結婚式があります。(この記事が公開されるころには終わっています。)

長女とも面識のある友人で、長女も一緒にどうぞと言ってくれました。

長女、初めての結婚式です。

 

私が友人スピーチをすることになり、面白いことも言えないし、無難にするしかないのかなあ~と考えていると、

長女がミニーのアニメをみながら、「ミニーいいなあ。長女もこういうのやりたい。」と言いました。

何?とテレビに目を向けると、ミニーがオシャレをしてマイクを持って、人前で歌っているではありませんか。ありませんかー!!

全てがつながった瞬間です。これでいこう。友人も、長女がおめでとうと言ってくれたら嬉しいといっていたし、これしかない。

 

「奇をてらわないスピーチに、締めに長女に歌ってもらう。」

これでいこう。

 

「今度結婚式があって、長女にドレスを買おうかなと思ってるんやけどさ、ミニーちゃんみたいに、みんなの前でお歌歌ってみる?」

と聞くと、

「えー!!!!やったあ!!!!」と大喜び。

「こちらこそやっったあああーーーーーーーー!!!!」と私の方が大喜び。

 

即「3歳児 歌える歌 結婚式」等で調べ、「幸せなら手をたたこう」にいきつきました。

 

練習の時、

「ミニーちゃんみたいに紹介してくれな長女歌えんで!」と言われ、

「それでは紹介します!長女です!せえのっ」で歌い始めることに決定。

そっちの要求は全部飲もう。

「態度で示す」なんて覚えられなくていい。

上手く歌えなくてもご愛敬。

最後におめでとうと言えたら万々歳。

それで長女も楽しんでくれたら最高。

ありがとう長女!!ありがとう3歳児!!

 

二人で練習していると、別の結婚式で同じくスピーチを頼まれた夫が、めっちゃくちゃ心っ底羨ましそうにしていました。「それええな~!!うわ~それめっちゃええな~!!長女俺の方にも連れて行ったらだめかな~!」と言っていました。

 

分かるよ。分かる。

「奇をてらわないスピーチ」 完

「奇をてらわないスピーチ」のあと「物怖じしない3歳児からのお祝いの歌」

じゃあ、

心持が違う。

 

当日、仮に長女がめっちゃくちゃ緊張して拒否したり、急な不機嫌になったりしたら、「奇をてらわないスピーチ・完」になるだけで(式場の控室で夫が次女と待機予定です)、マイナスがない。

 

さてどうなるか。

どうかお熱をだしませんように。頼む。それだけ。