小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

11月

f:id:konatsusuika:20191103133619j:plain

 

冬がすぐそこだなあ~、と二人がぎゅうぎゅうとくっついてくる明け方、布団の中で思いました。

それぞれの布団で寝かせたはずなのに、すすすすすっと、知らぬ間にくっついてくる。長女に至っては一瞬体を起こして布団にもぐりこんでくる(目は瞑ったままで、起きているわけではない)。これでもか、これでもか、とピタ~ッと隙間をなくしてきます。

縦横無尽に動き回って寝ていた夏が嘘のよう。

本能的に、暖を求めているんだろうな。

布団に入ってきた直後は、手足が冷え切っていて、ヒャッ!!と驚くし、風邪ひくよ!と焦ります。慌てて私の足の間に長女の足を挟んで温めてやると、みるみるホッカホカに。次女は同じ布団に入ると、汗すらかく。熱?!と思うほどホカホカで、体温計で測ってみたり。

起こされるのと、狭いのとで、熟睡できなくて、朝起きた時の疲れが取れていない感じに驚きます。寝た気がしない。

 

でも、これもあと数年だなあ。

長女が小学校にでも入って、子供部屋で寝るようになったら、くっついて寝たことを懐かしく思うんだろうなあ。寂しくもなるだろう。

 

でも、いや、今こそゆっくり一人で寝たいのも本音。

たまにはお父さんの布団で3人で寝てくれてもいいのですよ。