小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

ピリ辛おかき

f:id:konatsusuika:20191118233405j:plain

 

最近、「辛いからやめときな」や「歯にくっつくからこっちにしな」などの先回りしたセリフを、言わないように気を付けています。

もうすぐ4歳。

そういうものを無理に食べさす必要はないけど、本人が気になるなら、挑戦してみたらいい。喉や目が痛くなるほど激辛なものやアレルギーの心配なものは別にして、食べたいと思ったものを食べて「うわあ~」って思うのも、大事かなと。歯にくっついて気持ち悪くなったり、こちらが虫歯が気になったりするものは、仕上げ磨きを念入りにしようと。

辛いかどうか、食べられるかどうか、こっちはだいたい想像がついているんだけど、実際のところを、自分で判断してみな、と言う感じ。

「ぽつぽつと赤いおかき」なんて、しかもそれを大人が美味しそうに食べてたら、気になるよねえ。

 

結果、いけるらしいです。

そりゃ、食べ方も自由だけどさ。

辛いかどうか、分かったかい??

 

「辛い」に関して、周りの大人たちが、これまでビビらせすぎたかなあ。

でも、「辛いかもしれないけど挑戦する」ガッツは、素敵だとおもいました。

 

この後も、おかきとチョコをすばやく交互に口に入れ、美味しい美味しいと食べきりました。

それはもはや、別の美味しい食べ物だな…。と、真似したくなった私です。