小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

んにゃ

f:id:konatsusuika:20191126130700j:plain

 

スパルタな姉です。

「ねーちゃん」「ねえね」と日々教えています。

根気強い…。

次女、一切「ね」と言いません。と私は思います。

でも長女は、次女がわずかに発した「ん」とか「な」とか「にゃ」を拾って、

「ひゃーっ!!言った!!今ねーねって言った!!言えた!!すごいすごい!!えらい!!次女ちゃんすごい!!」と騒ぎます。大絶賛。

言えてるらしいです。ねーねって。

「言ったかなあ…」などと私がいようものなら、

「ええっ!聞いてなかったん?!言うたよ!!次女ちゃん!!ほら!!もう一回言って!!」と再び。オッケーオッケー言うた言うた、言いました。

 

その騒ぎ方が、漫画っぽくって笑えます。

 

どっひゃー!!とか、どっひょー!!とか、うっひゃー!!とかうっひょー!!とか。

そんな漫画でしか見んような音を、本当に発する人間がいようとは…。それが私の娘とは…。

待てよ、もしや、私も言ってるのか…?

 

長女、なんかいいなあ、と思います。

明るくて、感情が豊か。嬉しいことは、どこまでも嬉しい。

 

そうか、次女が「ねーちゃん」と言うのが、そんなにも待ち遠しいか。そんなにも嬉しいか。

 

私も待ち遠しいよ。ねーちゃんねーちゃんって次女が言ったら、それはそれは可愛いだろう。それでますますお姉ちゃん風を吹かせる長女も、きっとかわいい。

楽しみです。

 

でも、あの、もうちょっとボリューム落としてくれると助かります。

次女、一回一回ビクッてなってるし。