小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

ありがとう無印

f:id:konatsusuika:20191212115938j:plain

 

無印の回し者ではないですし、西松屋やユニクロにもお世話になっています。もちろんステマでもないです。ただシンプルに、言わせてくれ、無印がすごい。男女問わずお揃いを着せたい、かつ、シンプルな服が好きな人は、まず無印をのぞいてほしい。いや、今更なのか?みんなみんな、知っているのか?!

 

無印の子供服がシンプルで可愛いことは知っていたけれど、多分長女一人のままなら通らないままきたと思います。

元々、無印に対して、「安いものもあるけれど、結構高いものもある。上下揃えるには週末のユニクロの方がお買い得。」というイメージを持っていまして。色や柄物があった方が「これがいい」と長女自身が選びやすいし、ユニクロの素材、動きやすそうなものが多いし、ここ2年、ほとんどユニクロ一択になっていまして。

 

ところが最近、長女が「次女とおそろい」を基準に服を選ぶようになってきて、ちょっと困っていました。

長女の服が、110~120。次女の服が、80~90。

この二組のお揃いを手に入れるのが、意外と難しい。1~2歳差ならもっと簡単なのかも…。

サイズ展開が豊富な店は、だいたい値段が高い。セール品は結構な確率でどっちかが売り切れているし。

頼みのユニクロはベビーとキッズで、しっかり分かれていて、リンクコーデができるものもあるけれど、完全なお揃いは難しい。

 

前回のタイツを探す旅で無印にも立ち寄ったのですが(タイツはサイズが売り切れていた)、そこで子供服をのぞいて、ハッと気が付きました。

無印…サイズ展開…めちゃめちゃ豊富…。あっ、しかも、値下がり商品も結構あって、思ったよりも高くない…。ユニクロとそこまでかわらない…。フリースもパンツも990円の結構あるぞ…。まじか…。

 

ここなら!!ベビー服を選ぶ時のほんわかした気持ちで、長女の服を買えるじゃないか!!100サイズを超えたあたりから、急にガチャガチャしだす女児の服の「女児ってこういうもの好きなんですよホラホラどうぞ感」に辟易していたのが、回復しました。

「次女とお揃いがいい」が服を選ぶうえで一番にくるなら、今はまだ、私の趣味で選ばせてほしかったんだ!子供服に、いちいち男、女、の区別を色濃くつけてほしくなかったんだ!

ここだ、ここだったんだ、私の求めていた店は!!(言い過ぎ)こんな近くに!!あったんだああああ!!!!

 

しかも、肌触りがいい。適当な感じがしない。いちいち、「甘く編み込み肌触りのよい風合いに仕上げました」とか、「あたたかな風合いに仕上げました。オーガニックコットンを使っています」とか、肌触り重視派の心をつかむコメントも良い…。

 

ユニクロのレギパンばっかり履かせてたけど、イージーパンツのダボダボ感、めっちゃかわいいな…。全然動きやすそう、履かせやすそうやん…。

ええことづくし…。

男女の区別ないから、甥っ子ともお揃いできるやん…。

 

慌ててキッズスペースで夫と遊んでいた長女を呼び出し、気になる商品を試着してもらうと、どれもこれも似合う!!すっごい似合う!!無印の申し子なのか君は!!!かわいい!!!

私が大絶賛するので、長女は気を良くして長い時間試着に付き合ってくれました。

そして、「うわー!これも似合う!!めっちゃかわいい!」と私が言うたび、「じゃあ買っちゃう?次女ちゃんのも買っちゃうか?全部買っちゃおか?!」と最高の合いの手を入れ続けてくれました。全部は買えないので、トップスを2枚ずつ購入し、ほくほく。

 

これからは無印良品週間(年に5回、無印メンバーのみ商品が10%オフになる週)に敏感に生きていこう。12/14~12/25が無印週間です。まさに今。

 

良かった、感動を吐き出せた…。誰かに言いたかったんだ…。

 

たまにいる、「無印がとても好きな人」の気持ちが少し分かった一日でした。