小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

いってらっしゃい

f:id:konatsusuika:20200127213039j:plain

 

新しい住居に引っ越してきてよかったなあ、と思うことがあります。

姉妹に「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」を言ってくれる住人が複数いることです。私たち以外で、姉妹にそう言ってくれる大人がいるなんて。エレベーターホールで、ごく自然に、何かを詮索するでもなく、さらっと、時には手もふりながら「いってらっしゃい」だけを言う。かっこいい…。大きい(といってもそれほどではないけれど)マンションに住むのが初めてだから知らなかったけれど、そういうもんなんだろうか。

中には子供をわずらわしく思う人もいるのだろうけど、いまのところ、わりあい寛容だと思います。

 

長女もすでに、いろいろと学んでいます。

エレベーターは全員が乗ってから閉まるボタンを押すこと。急いでいる人が見えたら開くボタンを押して待ってあげること。

共有の場所は綺麗に使うこと。掃除をしてくれるおじさんがいること。ガラスとか、べたべた触っちゃダメなこと。

それから挨拶も。こんにちはとかありがとうとか、ここに来てから、私が促すことが減りました。

勝手に吸収している感じ。

「次女ちゃん、人が乗ってるときはな、このボタン(▶◀)は押したらあかんのやで。」などと、次女に教育すらしています。

 

ありがたいと思うとともに、自分も気を付けようと思います。

バトンみたいなものだと思うから。

優しい人が多い環境では、自分も優しい面をみせやすくなる、みたいな。

「プライバシーは守りつつ、子供はよその子でも見守る」を、両親がしているところを、長女と次女に見せてやれるなら、とても嬉しい。

 

ロビーですれ違う子供たち。

どこへでかけるのか、どこの部屋に帰るのか、ちっとも知らないし、聞くこともないけれど、

「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」のバトンを繋ごうと思います。

 

-------------------

読んでくださってありがとうございます。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーをクリックすると投票になります。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ
にほんブログ村

 

※1日1クリック有効です。

-------------------