小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

4歳長女語①

f:id:konatsusuika:20200309225358j:plain

 

私以外の人には全く伝わらない宇宙語だった2歳ごろに比べると、今や、もう立派な日本語を話す長女4歳です。

でも、どうしても、滑舌とか、宇宙語の名残がかすかにあって、それがたまらなく可愛いです。もうちょっとこのままで、と思ってしまう。

 

「き」は特に、「ち」とか「ちぇ」に聞こえます。

例えば、

「あのねあのね、つちがね…」と話しかけられて、

「へ?ツチ(土)?」と聞くと、「違う違う、つちぇ」と返ってくる。

「…土がどうした?」ともう一度聞いてみると、怒り気味に、「違う違う、つーち!」と返ってくる。

最後、「ちぇ!つーち、じゃなくて、つーち!ちぇ!」とゆっくり大声で主張。

身振り手振りで説明されて、やっとこさ、「あ~!お月様のことね!」となります。

ごめん、どんなにゆっくり大声で言われても、ちぇ、やわ。

 

おまけに、「と」は言えるのになぜか、「時々」の「と」は「ど」になります。

ドチドチ。あるいはドチェドチェ。

 

大きくなってきたし、「もう大人やわ」が口癖なので、こういうので笑われるのが嫌だろうなと、笑いをこらえる日々です。

バカにしているんじゃないの。赤ちゃんだった君が、こうやって、言葉を覚えて滑舌が発達していくんだってことが、可愛くて笑っちゃうの。

 

我慢するけど、ドチェドチェ、フフッと肩が震えてしまって、長女に叱られる母なのでした。

ごめんよ。

-------------------

読んでくださってありがとうございます。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーをクリックすると投票になります。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ
にほんブログ村

 

1日1クリック有効です。

-------------------

 

LINEスタンプ発売中です。

store.line.me