小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

最近の長女 3歳3か月

f:id:konatsusuika:20190419150254j:plain

 

先ほどノリノリで歌っていた即興の歌をメモしました。

いきます。

 

タイトル 「車の中での気持ち」

作詞作曲 小夏家長女 ()は母の補足

 

しんごうとまったらっ

あおにーなったらっ

うっごくっんっだっ

(元気に)うんっ!!(急に大きい声で)がんばるっ!!

それでもうたっちゃうっ(首を縦に振る)

そーれでーーもおー、うたっちゃうっ

いっしょにうたったらっ

(徐々に裏声で)たーーのしーーーい⤴⤴よ⤴⤴⤴⤴

 

(タイトル「おにくを食べよう」に続く)

 

-------

3歳3か月。

年少さんです。ぶかぶかの制服が可愛くて可愛くて。幼稚園、楽しいみたいです。

 

いつも私の運転する車の中で、ノリノリで歌をうたったり、とめどなくしゃべり続けたりしているのですが、

「ようちえんのバスではね、しーっなんよ。せんせいがおしえてくれたんよ。だからしゃべらんのよ~」

ときりりとした表情で教えてくれました。

大方、のりのりで歌っていて、「静かにしようね」とでも言われたんじゃないかなあ。

にしても、朝バスに揺られる30~40分もの間(長い!!その分帰りは短い)ずっと黙っているのはかわいそうだなあ、と思っていると、幼稚園のママさんが、

「バスではバック中は喋っちゃいけないって決まりみたいだよ。」と教えてくれました。

バックのたびに、先生に「しーっだよ。」といわれて、慌てて口を真一文字に結び、あのきりりとした表情になるのを想像したら、かわいくて、ちょっぴり切なくもなります。

 

うーたんはもしかしなくてもどう見てもぬいぐるみだし、

言えばワンワンだってアレだし、

これから、いろんなことに気がついて、分かっていくんだろう。

解決できない不思議に触れて、分からないことがいっぱいありすぎることにも、なんとなく気づけるだろうか。

幼稚園で、たくさんの真実と、盛りに盛られた真実と、時々嘘と、嘘すぎる嘘と、いろんなものに出会うんだろうな。

 

大きくなったけど、まだまだ小さい、3歳3か月。

入園おめでとう。

どうか楽しい幼稚園生活を。

 

(入園準備、お疲れ私。)