小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

お腹の音

f:id:konatsusuika:20190530221551j:plain

 

ある日思い立って聞かせてやったら、それ以降、寝転んでいるとお腹に耳をつけてきます。

私も子供の頃、母に聞かせてもらった記憶があります。すごく不思議な、壮大な音がする。ぎゅるぎゅるごぽごぽきゅるきゅる。

懐かしいかどうかは分からないらしいです。少し前は、「何かをごくごく飲んでた」とか、お腹の中にいた時のことを話していたのに、忘れてしまったのかなぁ。

 

「じゃあじゅんばんね。」と、そのあとに長女のお腹の音を聞かせてくれます。とてもいい音。かわいいかわいい命の音。

 

そういえば、我が家にある「ごぶごぶごぼごぼ」という赤ちゃん絵本は、「お腹の中でこんな音を聴いていた」という胎内記憶を元につくられたものだそうです。出てくる擬音が全て、胎内音。

私はそれを知らずに買って、不思議な本だな、宇宙って感じ、と思っていたのですが、マツコの知らない世界で紹介されていて、あー!!なるほど!!と思いました。

この絵本、長女は、赤ちゃんの時より3歳の今の方が、集中して聞いている感じがします。遠い昔の忘れてしまった何かをぼんやり思うような顔をして。

 

お腹の音くらい、いくらでも聞かせてあげるよ。

嘘みたいだけど、確かにそこに、いたんだよ。