小夏すいか日記

3歳0歳の姉妹の育児記録

幼稚園からのお土産

f:id:konatsusuika:20190523104804j:plain

 

毎日、拾った花びらや、折り紙や絵を、幼稚園から持って帰ってきては、「おかあさんにあげる」と渡してくれます。

しかも花びらは、先生がわざわざ二重のビニール袋に水をはって、その中に入れて、新鮮な?状態で持ち帰ってきます。

 

ある日、いつものように水の入ったビニール袋を提げていたので、「今日も花びら拾ったの?」と聞くと、「えっ、これ花ちゃうで。ただの水やで。」と驚かれました。

ただの水やで、って、当然やろみたいにびっくりしてるけど、いやいや、ただの水持ち帰られたら驚くのはこっちですよ…。

そんなことある?と思って、「絵具かなんかで色でもつけたん?花の色?」と聞いてみたけど、返ってくるのは、「ようちえんのすいどうからじゃーっといれたやつ。」だけ。

確かに色は見えんけど、ほんとにただの水道水?幼稚園の水道水をビニールに入れて持って帰ってきたん?えっ…なんで…?どういうこと?先生、教えて!

 

バス通園なので担任の先生と話す機会もなく、保育園と違って毎日の連絡帳のやりとりないので、わざわざ聞けないし、こうやって、永遠の謎が増えていきます。

 

母さん、幼稚園の水道水…要らんかな…。

幼稚園からただの水道水を持ち帰る、長女3歳4か月です。

 

 

追記:

参観日に先生に尋ねたら、「ほんとにただの水です。いつも水をビニールに入れて…感触が楽しいのか…みんな…ではないけど…」とのことです。